<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

はじめまして、芳香です。

皆さま、はじめまして! 3月よりアフロブルーの一員となりました、芳香(よしか)です。
jazzの流れる素敵な空間と素敵なお客様たちとのお話にいつも癒されながら楽しく過ごしています。

さて、先月宮崎のパワースポットめぐりをしてまいりました。
まずは市内にある「市民の森」。
広大な敷地には神話伝説の「みそぎ池」や三種の神器が発見されたといわれる丘など、
神話にまつわる場所が点在するスポットです。
その「みそぎ池」がある広場でランチタイム♪ 
寝っ転がったり、ウトウトしたりと2時間ほど居たかなぁ〜?
その後、同敷地内にある「みそぎ御殿」、「江田神社」にお参り。

そして最後は「青島神社」へ。この日はたくさんの外国�祐儻劼篁嫁匱圓任覆鵑世��廚蠑屐�
そのお祭り状態の本殿に行くまでの景色は解放感があって美しいと感じました。
久しぶりのリフレッシュ♪ また時間を作っていろんなところを散策しようと思います。

皆さまのお勧めのスポットがありましたら教えてくださいませ
どうぞこれからもよろしくお願いいたします(^^)

芳香

c0188610_2237690.jpg

c0188610_22373920.jpg

[PR]

by afro-blue | 2012-04-18 22:39 | ● スタッフのつぶやき  

4月8日の第8回サンデーセッションのレポートです

4月8日の第8回サンデーセッションのレポートです。

面白いもので、1月はドラムの方沢山来られたのにピアノが一人、今回はドラムが一人でピアノが沢山。
時間になってもセッションを取り仕切る中田博さんが来ていません。電話をしたら、お家に居られて、駆けつけるとの事で、ほっとしました。今月は第二日曜が8日になりますので、8日は第一日曜と勘違いされたようです。それで、他の人も勘違いされて来れれなかった人が居られるのではないかと思っています。

House Support Band (中田博alto、明日まさなりbass 、Nobuko Piano, 中山浩一 drs)

それで、中田さん抜きのHouse bandでKick off です。


1. House Band: Here’s That Rainy Day [Jimmy Van Heusen, 1953]

2. 野村綾   Piano:Softly as in a Morning Sunrise 1928 (Sigmund Romberg 1887-1951)
ここで中田さん登場
3. 野村綾 There will Never be Another You (Harry Warren, 1942)  中田博alto

4. 荒木卓也 Bass: It Could Happen to You (Jimmy Van Heusen, 1944)

5. 荒木卓也 Israel (John Carisi, 1922-1992トランペットプレイヤー)

6. 土井絢子 piano: Centerpiece (Harry Edison 1915 – 1999 トランペットプレイヤー)

7. Keron LaCroix Steel drums: One Note Samba (Antonio Carlos Jobin)

8. Keron LaCroix Song for My Father (Horace Silver 1965)

9. 渡部智子 Piano Blue Bossa (Kenny Dorham 1961)

10 .三島秀成 Flute Blue Bossa

11. 藤本直子 Piano St. Louis Blues (W. C. Handy 1914)

12. 藤本直子 Vocals My Romance (Richard Rogers 1935)
Piano accompany  渡部智子

今回は何人かの人に一人で2曲ずつ演奏してもらう事ができました。
サプライズは藤本直子(Vocals)のピアノデビューでした。
[PR]

by afro-blue | 2012-04-11 23:23 | ● ミュージシャン