第6回 アフロブルージャムセッションのレポートです

2月12日Jam Sessionのレポートです。

今回もいろいろ盛り上がりました。寒い中来てくれてありがとうございました。
今回は初めて来られた人が6人。下のリストの他にも平田慎司君 Bass,佐藤真司君Drs. にも 数曲演奏して頂きました。皆さん有難う。これからも,若い人達(年ではなく,演奏的に)が上手くなれるように一緒に演奏してあげて経験をつめるようお手伝いをしてあげてください。皆,来る度に上手くなってると思います。熊大のジャズ研の方達有難う。又来てくださいね。Nobuko

House Support Band (中田博alto,明日正就bass,Nobuko Piano, 中山浩一drs)でKick off です。
1.House Band:The Days of Wine and Roses [Henry Mancini, 1962]
2.草部貴史 Tenor:There is no greater Love [Isham Jones, 1936]        
3.三島秀成 Flute:Spain [Chick Corea, 1971]     
4.牧山はるな E.bass:Doxy [Sonny Rollins, 1954]
5.土井絢子 Piano:My Funny Valentine [Richard Rogers, 1937]
6.山田麻衣 Tenor:I’ll Close My Eyes [Billy Reid?]
7.松崎由美 Piano 松崎星邇Drs:Night and Day [Cole Porter, 1932]
8.林智也  Piano 豊田健次郎Guitar:Cool Struttin’ [Sonny Clark, 1958]
9.藤井木ノ実 Piano:It Could Happened to You [J.Van Heusen, 1944]
10.坂田ひさしGuiter & Vocales:All of Me [Gerald Marks, 1931]      
11.藤井木ノ実 Piano 林智也 Trumpet:Bye Bye Blackbird [Ray Henderson, 1926]

Breaking News:
Clare Fischer,ピアニスト,コンポーザー が1月26日2012に83歳で亡くなられました。Real Bookに載っているPensativeやMorningやElizeteの作曲家です。Dizzy GallispieやDonald Birdのバンドで演奏していた後は,ラテン,ボサノバ系のジャズに進んで,グラミー賞に11回ノミネートされて,2回賞をもらっていました。
2月25日は偉大なVocalist,ナンシーウィルソンの75歳の誕生日です。
2月27日は生きていたらSaxのデクスターゴードンの89歳の誕生日です。
c0188610_22573113.jpg

[PR]

by afro-blue | 2012-02-13 22:58 | ● ミュージシャン | Comments(1)  

Commented by afro-blue at 2012-02-13 23:08
大ファンのClaire Fischerが亡くなったのですね。日本に来たことはあったのかなあ。一度,生でライブを聴きたかったです。クレアフィッシャーに追悼の意を込めてライブをしたいです。

<< 第7回セッションレポートです。 がんばってくださいね〜 >>