あっキー!!

c0188610_2211343.jpg
こんにちわ!アッキーです♪久し振りの登場です\(^o^)/♪

先日、バルセロナ&フランスへ旅行に行って参りました(*´艸`*)
成田から約13時間ッッッ(>_<)
フランスのシャルル ド ゴール空港に着き、乗り継いでスペイン入りし、バルセロナへ向かいました(≧U≦)
さすが地中海性気候!暖かい海風に陽気な人々。。。
食べ物も美味しく、、ビールやワインがハンパ無く安かったです\(^o^)/
革製品も日本じゃ考えなれない位、安くて良い品物が多かったです♪
中でも、かの有名なガウディ晩年の傑作!『サグラダファミリア』は未だ建設中な所が何ともスペインらしぃ〜〜(*^^*)
ガウディの熱心なカトリックへの信仰心を 垣間見る事が出来ました。。。
しかし、ガウディの作品群はバルセロナには沢山有り、サグラダファミリア以外の他の作品はタイルで作られた公園やホテル等、暖かくて優しい雰囲気の物ばかりでした。 ガウディ作のアパートが世界遺産だなんて、、彼の偉大さを感じました。
ガウディは、女性恐怖症で生涯独身を貫き、身なりにも気を使わなかったので、通勤途中、路面電車に跳ねられ、浮浪者と間違われ、手当が遅れた事で亡くなったそうです。。スペインの偉大な宝を無くした伝説です。

次に、『モンセラット修道院』へ行きました!岩壁に建てられた修道院。
圧巻でした。。
改めて、、、宗教とは何だろう?信仰心とは何だろう、、、と考えさせられました。
一つ言えることは、私は仏教徒に間違いない、ということでした。(*_*)
しかし、あの修道院に1週間居たら、私もすぐカトリックに染まっていたと思います!その位の影響力ある建物でしたよぉぉぉぉ!!!
バルセロナでは、フラメンコショーを生で見て、パエリア沢山食べて、ビール沢山飲んで、お買い物沢山しました〜〜(*´∀`*)
イスラムの血が混ざっているスパニッシュは、男性がカッチョ良かったですぅ〜〜(#〜皿〜#)ニヤニヤ
バルセロナに3泊して、楽し過ぎたスペインを離れたくないと、後ろ髪を引かれながらパリへ移動しました。

しかし、、、パリに足を踏み入れた途端に、一瞬にして魅き込まれました。。。『あぁ、、私、この街が、好きッッッ』と感じました。
元々、フランス革命などの歴史は好きでしたが、旅行としては少し苦手なイメージがあり中々行くことが無かったフランス。。。
歴史上に出てくる建物、広場、ストリート、橋、、、そのまま残っていて今も遣われているという不思議な感動。道行くパリジャン、パリジェンヌ、お婆さん、お爺さん、皆が、コーヒーが、パンが、料理が、グラスが、お皿が、全てが驚く程オシャレで、この国の人々が、自分達が世界一だと誇る理由がよぉ〜〜く分かりました。
冷たいのでは無く、"自分とそれ以外"という考え方。他人は他人、干渉しない、という精神。それと同時に他人が当然違うという事への認めにも寛大でありました。日本とはちょっと違う、ホントの意味での男女の対等が有り、自由な国だなぁ、と又好きになりました。

そして、パリから350キロ離れた所に、自然の織り成す美しい景観『モンサンミッシェル』へ行きました。
そこは、生きてて良かった、、、と思わせる絶景のお城でした。
お昼のお城は静寂、厳粛、ストイックなイメージでしたが、夜のお城は感動的、幻想的でした。
フランスの思い出は、沢山有り過ぎて、、長くなるのでまた次回。。。(^-^;

今振り返って思うこと、、、
スペインでもフランスでも、街中で携帯を触ってメール等に没頭している若者は、一人も居なかったこと。
誰もが人とお話をし、コミュニケーションを取っていたこと。
彼らは政治、経済のことをしっかり議論し合うらしい。
私も、パケット通信を止めていたので、旅行の間は携帯に縛られる事なく、伸び伸びと、かつての自分の生活を取り戻した気がした。
でも、成田に到着すると同時にソッコーでメールチェックしている自分がいました。。。やはり、一度味わってしまった快適や、情報ツールは中々抜け出せませんな(-_-;)

パリから帰国した私は、すっっかりハマってしまい、我が家にはフランスのアンティーク食器やらシルバー類やグラスやらエッフェル塔やら増えました増えましただ。。。(;^△^)

やっぱり、私にとって、旅することは止められまへん。。。

では、皆さん、また今度(^-^)/

アッキーでした(≧U≦)
[PR]

by afro-blue | 2012-02-06 21:18 | ● スタッフのつぶやき  

<< がんばってくださいね〜 幸せオーラ全開でした >>