レイの食べ歩き日記 Part3

レイです!久しぶりに登場しました。支配人にブログはまだかと、つつかれつつ、
はや数週間。何にしようかと考えてる頃、恒例になりましたエミちゃんとの、食べ歩き。
今回もいいトコ行ってきました!

場所は天草龍ヶ岳にある、とあるお寿司屋さんです。地元の女性におすすめされるまま、
ネタが大きいのと、大将がガンコらしいのが唯一の情報をもとに、ナビに完全お任せして
ドライブすること二時間半。ようやく到着したのは、フェリー乗り場。

見渡す限り寿司屋らしき建物はなく、あるのは、公民館らしき建物。ひょっとしてと、
悪い予感を抱きつつ、覗いてみると、ひっそりと4軒並んだお店のなかに、見つけました!
寿司屋らしき暖簾。二人で喜んでいると、ガラッと中から大将が出てきたので、思わず、
「二人ですが開いてますか?」「予約は?」「いえ、何も」「電話して来なきゃ駄目だよ」
「すみませ〜ん」と問答。それでもなんとか中に入れてもらって、端っこでしたが、
ようやくホッとし、見えた柱に「携帯はご遠慮ください」の貼り紙。方針に従い、
マナーモードに変えたあと、大人しくメニューを待っていると、いきなり白身魚2貫が
出てきました!

座ったら出てくるお店なんだと理解をし、さて鯛をいただこうと手を伸ばすと、あまり
に大きいので、一貫を半分に切ってあるじゃないですか!これには私もびっくりしました。
写真でご覧いただけないのが、とっても残念です。

ネタが大きいって、長さではなく厚みなんです。なので、半分でも一貫分くらいはあるん
ですよね。しかも、間にシソを挟んであったりと、ちゃんと仕事されてる感じで。
ダシのよくでた白魚の味噌汁をすすりながら、食べ始めると、次から次に出るは出るは。
マグロ、穴子、数の子、海老…、全部で10貫ほどでしたが、ネタは新鮮で全部が大きいので
お腹いっぱいになります。
それでも残せる雰囲気ではなく、シャリも一粒残らずいただいちゃいました。

お腹いっぱいになったかと聞かれたので、大満足ですと答えると、次からはちゃんと
電話して来なきゃ駄目だよと、念をおされました。なんでも、出前や予約でいっぱいの時は
お断りすることもあるらしいのです。しかもランチしかしてないので、ネタが切れたら
閉店になるとのこと。長いドライブなので、事前に確認をしてきてね、というありがたい
お言葉でした。そんなこんなで、お勘定をして、外へ出て緊張がほぐれるまで、正味20分。
吹き出しちゃうほど、あっという間の出来事でした。
c0188610_20583114.jpg

帰りは藍のあまくさ村でお土産ゲットして、睡魔と戦いながらのんびり帰りましたとさ。
c0188610_20584516.jpg

[PR]

by afro-blue | 2009-11-20 20:50 | ● スタッフのつぶやき  

<< れっどMです! Y子の日記 Part3! >>